鬼滅の刃映画『無限列車編』ネタバレ感想!炎柱・煉獄杏寿郎の生き様が胸を打つ

りぽのアイコン画像りぽ

とうとう…
行ってきました鬼滅の刃!!

楽しみにしていた鬼滅の刃の映画『無限列車編』をやっと観てきました!!

当然漫画は読破しアニメも全話視聴済み、やっと観に行ける時間ができ念願の映画鑑賞となりました。

結末・流れを知っているにも関わらず嗚咽が出るほど号泣してしまった私ですが、きっと皆さんも同じではないでしょうか?

炎柱・煉獄杏寿郎の生き様がこの映画にギュっと詰まっています。

アニメの時点でufotableのポテンシャルの高さが窺えましたが、映画も期待に違わぬクオリティ。

これでもか!と制作陣の情熱をぶつけられた感覚です。(幸せの極み)

この記事ではそんな鬼滅の刃の映画のネタバレ・感想を興奮冷めやらぬうちに書いていきます!!

りぽのアイコン画像りぽ

まだご覧になっていない方は注意してくださいね!
ネタバレ書いちゃってますよ!

もちろんBGMはLiSAさんの『炎』です!

目次

鬼滅の刃 映画『無限列車編』ネタバレ

鬼滅の刃映画『無限列車編』はアニメ1期(全26話)の続きであり、コミックスで言えば7巻~8巻の部分です。

Huluでアニメ『鬼滅の刃』を観る

U-NEXTでアニメ鬼滅の刃を観る

\コミックスは電子書籍で/

内容はほぼ原作通り!

炎柱である煉獄杏寿郎をメインとしたストーリーです。

りぽのアイコン画像りぽ

結構細かくネタバレしていくので思い出しながらまた浸ってね♡

下弦の壱・魘夢(えんむ)が操る列車で夢の中へ

前半~中盤までの舞台は下弦の壱・魘夢(えんむ)が操っている列車内。

立て続けに人間が行方不明になっている列車を調べるため、煉獄・炭治郎・善逸・伊之助の4人で調査へ乗り出します。

しかしこの列車にいる人間は全て、すでに魘夢の手中にありました。

人の夢を操る魘夢は、本人が望む夢を見せ幸せな気分にさせたあとに、絶望的な夢を見せ苦悶の表情を見るのが大好きという気持ちの悪い趣味があります。

りぽのアイコン画像りぽ

サイコパスであり変態。

鬼殺隊の4人も魘夢に操られた車掌さんの切符を切るというスイッチで夢の中へ落されてしまいました。

4人の夢の中へ自分が操っている人間たちを侵入させ、精神の核を破壊するのが魘夢の狙いでした。

それぞれの夢に翻弄される4人

煉獄の夢は、父親へ柱になった報告をする内容。

炭治郎は鬼に殺されたはずの家族が生きていた頃の夢を。

善逸は禰豆子と手を繋いでルンルンはしゃいでいる夢。

伊之助は炭治郎・善逸・禰豆子を子分として意気揚々と親分ぶっている夢。

りぽのアイコン画像りぽ

夢の内容の重みの落差ね。

それぞれが夢の中で幸せな気分に浸るものの、違和感を抱く炭治郎は「これは夢だ」と気付きます。

現実世界で禰豆子が起こそうと必死になっていることも加え、「早く起きなくては」と心に決める炭治郎。

家族が呼ぶ声に振り向かず、涙を流しながら前へ進み、戻り方として自分の首を切るというとんでもなく恐ろしい事実に気付き、そして実行するのでした。

覚醒した炭治郎魘夢の戦い

夢から醒めた炭治郎は、禰豆子へ他の皆を起こすよう頼み、魘夢の元へ向かいます。

首を切ろうと必死になる炭治郎は、何度も魘夢の血鬼術で眠らされるものの、瞬時に夢だと気づき自分の首を切っては覚醒します。

りぽのアイコン画像りぽ

もう…炭治郎を苦しめないで!!

夢を操れる魘夢は、家族が炭治郎に酷いセリフを吐いてくる夢を見せるのですが、これに炭治郎は

『言うはずないだろうがそんなことを!俺の家族が!』

と怒りが頂点に。

りぽのアイコン画像りぽ

涙腺崩壊。

首を切ったものの、魘夢の本体は既にそこにはなく、列車自体と融合していたのでした。

起きた4人、連携プレーで魘夢を倒す

列車の乗客200人を守りながら魘夢を倒すという必要が出てきた炭治郎が、1人では厳しいと判断した時、伊之助登場!

さらに、禰豆子のピンチに善逸が覚醒。

寝ながら禰豆子を救い、「禰豆子ちゃんは俺が守る」と…。

りぽのアイコン画像りぽ

善逸はもうずっと寝てていいよーーー!!
かっこよすぎるよー!

そしてそしてついに!

我らが(?)煉獄杏寿郎の覚醒!!

漫画でも個人的にドツボにハマった『穴があったら入りたい!』出ました!

1人で5両もの客車を守る煉獄のパワーね。

全員がそれぞれの持ち場で全力で乗客を守り、炭治郎・伊之助の連携プレーにより無事魘夢の首を断ち切ることができました。

上弦の参・猗窩座(あかざ)現る

手負いの炭治郎、心配する伊之助・煉獄の前に、上弦の参・猗窩座が現れました。

煉獄に、「お前も鬼にならないか?」と誘う猗窩座。

りぽのアイコン画像りぽ

はい!名ゼリフいきますよ!

「老いることも死ぬことも 人間という儚い生き物の美しさだ」

「強さというものは 肉体に対してのみ使う言葉ではない」

価値観が相容れない2人の闘いが始まります。

傷が深く動けない炭治郎と足手まといになると理解して動かない伊之助。

そんな2人の前で激しい2人のバトルが繰り広げられますが、長引けば長引くほど煉獄は傷が増え、体力がなくなっていきます。

責務を全うする炎柱・煉獄杏寿郎

立っているのもやっとの満身創痍の状態でも、煉獄の心の炎は消えません。

「俺は俺の責務を全うする!ここにいる者は誰も死なせない!」

最後のぶつかり合いで奥義を繰り出す煉獄だったが、猗窩座の右腕が急所を貫通。

このままでは死んでしまうぞ、鬼になれと再度誘う猗窩座。

煉獄は母親の言葉を思い出していました。

弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。責任を持って果たさなければならない使命なのです。

最後の力を振り絞り、猗窩座の首を落とそうとする煉獄。

日が昇るまで絶対に逃さないと炭治郎と伊之助も加勢に入った瞬間、自分の両腕を捨てて逃げる猗窩座。

猗窩座の後ろ姿へ叫ぶ炭治郎のセリフがまた泣けます。

「いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!」

「お前なんかより煉獄さんの方がずっと強いんだ!煉獄さんは負けてない!誰も死なせなかった!!」

りぽのアイコン画像りぽ

このへんはもう泣きすぎて目が痛くて痛くて。

炎柱・煉獄杏寿郎 最後の会話

炭治郎を側に呼び寄せた炎柱・煉獄。

自分はもうすぐに死ぬからと、家族への遺言を炭治郎へ託します。

炭治郎にも、「禰豆子を信じる。胸を張って生きろ。」と話し

「俺がここで死ぬことは気にするな。柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。」

「柱ならば誰であっても同じことをする。若い芽は摘ませない。」

「今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる。君たちを信じる。」

強くなることを誓う炭治郎たちと、柱たちへ煉獄の最後が伝えられ、各々が思いを馳せるのでした。

鬼滅の刃 映画『無限列車編』感想

泣くことはわかっていたんです。

なので薄いハンカチじゃなくてタオル持ってったんですけどね、大正解。

最後とかもう、嗚咽が出るのでタオルで自らの口を押さえる必要がありました。

大人でも楽しめる迫力とストーリー

アニメ映画ということで子ども向けか?と思う方もいるかもしれませんが、逆に小さい子どもは見れないかも。

作品自体がちょっと怖いシーンも多いし、映画は鬼の迫力がさらにアップ。

りぽのアイコン画像りぽ

列車の中の鬼、普通に怖かった…。

私が観た時は、9割大人で白髪のおじいさんもいました。

子どもは小学校高学年くらいからいたかな?

迫力もすごいし、大人でもグッとくる、大人の方がグッとくるかもしれないストーリー。

自分の精神世界は畳一畳分かもしれない…とか考えさせられましたね。

映像美がすごい

冒頭で書いた通り、アニメの時点で話題になるほどすごかった作画。

特に19話は最終回かな?と思うほどでした。

映画はやはりそれ以上に迫力がすごく、タイトルが出る前の列車が入るシーンだけで鳥肌モノ。

バトルシーンは流石で、それぞれの鬼気迫る闘いが美しく描かれており感情が追い付かなかった。

りぽのアイコン画像りぽ

煉獄さんの炎はもう圧巻!
美しすぎた!!

炭治郎の心の美しさに胸を打たれる

鬼滅の刃の人気の一因としてやはり主人公である炭治郎のキャラクターがありますよね。

椿鬼奴さんも言っていましたが、こんなに心の綺麗な主人公がいるのか?と思います。

好戦的なだけではなく、優しいだけではなく、真っすぐに自分のことよりも人のこと。

炭治郎の精神世界の広さと温かさ。

自分を刺した人を人殺しにしないために死なないって…慈悲の心でできている、それが炭治郎です。

この映画でも、炭治郎の人間性が見られて心が温かくなりますね。

そんな炭治郎だからこそ、家族を侮辱されたときの怒りの表情やセリフにドキっとしちゃうアラフォーです。

りぽ子のアイコン画像りぽ子

こんな一面もあるんだ♡的なね。

煉獄さんかっこよすぎ&上に立つ者の鑑

この映画のメインキャラクターである煉獄さんですが、ほんとになんで亡くなっちゃうの!!??

こんな素晴らしい人が亡くなるって…どういうことですか?

煉獄さんがいるだけで安心感がある、本当に太陽のような人。

「俺がここで死ぬことは気にするな。柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。」

「柱ならば誰であっても同じことをする。若い芽は摘ませない。」

こんな上司の下で働きたいですよね?

鬼殺隊に入って煉獄さんの継子になりたい人生だった。

この感情を表現できるだけの語彙力がないことが悔しくて仕方ない…。

りぽのアイコン画像りぽ

好きで好きで好きで…。
生きていてほしかった…。

最後、お母さんが「立派にできましたよ」って言って子どもみたいな笑顔になる煉獄さんたまらない。

自分を犠牲にしても下の者を助け、責務を果たそうとする姿に人としての本来の正しい在り方というものを見せつけられた感じがします。

鬼滅の刃 映画『無限列車編』口コミ

りぽのアイコン画像りぽ

だよねだよね~。
原作知っててもボロ泣き。
というかこれ書きながらも泣ける。

鬼滅の刃 映画『無限列車編』主題歌「炎」

Amazon Music Unlimitedで鬼滅の刃 映画主題歌「炎」を聴く

LiSAさんの「炎」。

煉獄杏寿郎の歌ですね。

歌詞がもう…グッときてしまって胸がいっぱいに。

僕たちは燃え盛る旅の途中で出会い

手を取りそして離した 未来のために

夢が一つ叶うたび 僕は君を想うだろう

強くなりたいと願い泣いた 決意を餞(はなむけ)に

鬼滅の刃は続くのか?

原作は完結しているものの、アニメ、映画ときてまだまだ続きがある鬼滅の刃。

アニメ2期、是非期待したいところです!

そしてクライマックスシーンはやはり映画で観たい。

全シリーズ観に行くのでお願いします!

りぽのアイコン画像りぽ

気ままに感想書いてくので、皆さんも今後また続いた時は一緒に楽しみましょうね!

\鬼滅の刃アニメが観たい方はこちらもチェックしてみてね/

\U-NEXTなら漫画もアニメも見れちゃう/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

身長148センチのおちびママ・りぽです♪

おちび情報や大好きな漫画やドラマ、日々の生活の中で見つけたなんでも情報を書いていくブログ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる